マイカーを自分の手でキャンピング仕様にするために

キャンプが好きな人におすすめ

キャンピングにおすすめのマイカー改造の方法を知ろう

キャンプをする時は、車中泊をするかもしれません。 快適に寝られるように、常に車の中を整理しておきましょう。 キャンプでは様々な道具が必要になり、当然ながら荷物も多くなります。 道具をしっかり収納しつつ、寝られるスペースを確保するためには棚が必要です。

車の中に寝泊まりする

車中泊ができるように、車の中に棚を作るのが良い方法です。
荷物は棚に置けば良いので、寝るスペースを十分に確保できます。
棚があればそこにフックを吊るして服をかけられるようにしたり、ペット用のケージを置いたりすることも可能です。
犬を飼っている人は、楽しいキャンプにぜひ連れていきましょう。
棚を作るのはそれほど難しくなく、板や突っ張り棒だけでも作れます。

キャンプ中でもおいしくてこだわりのご飯を作るため、車のトランク部分をキッチンにするのが良い方法です。
暗くなっても作業しやすいように、電気を取り付けておきましょう。
ケーブルを加工することで、簡単に電気を使えるようになります。
またガソリン携行缶を加工し、蛇口を取り付けましょう。
ちょっとした工夫でウォータージャグがなくても水を大量に貯めて、料理に使えるので便利ですね。

車に、幕を取り付けるのが良い方法です。
簡易テント代わりになりますし、目隠しにもなるのでキャンプ中でもプライバシーを守りながら楽しめます。
キャンプだけでなくピクニックなど、アウトドアで活躍すること間違いなしですね。
幕は、キャンプ用のグッズを扱っているお店で見つけられます。
車をキャンプ仕様に改造する際は、事前にイメージを固めることがコツです。
他の人がどのようにDIYしているのか調べると、イメージがすぐに決まると思います。
サイトにDIY後の写真を掲載していたリ、やり方を詳しく説明したりしている人も多いので参考にしてください。

キャンプ料理が得意な人

今はキャンプで作れる、簡単なレシピがたくさん紹介されています。 自分でも、作ってみたいと感じるかもしれませんね。 そこでキャンプ地でも快適に料理ができるように、車をキッチン仕様にDIYしてください。 難しそうに見えますが意外と簡単で、DIYの初心者でもできます。

アウトドアに活躍する

車に幕を備えると、キャンプの時のテント代わりになります。 また目隠しにも使えるので、自分たちのプライベートを守りたい時に使ってください。 イメージが決まってから、DIYに必要な道具を買いに行きましょう。 まだ決まっていない段階だと、何を買えば良いのかわかりません。