いろいろな虫歯

虫歯の原因「プラーク」

そもそも虫歯は、口の中にある病原細菌によるものです。「プラーク」という単語は聞いたことがあるのではないでしょうか?口のなかにある病原細菌が、歯や歯周ポケットに付着することによって、虫歯が進行します。
当然、自分でケアを行わない人は、虫歯になりやすくなります。つまり、歯磨きの習慣など日常的に歯をきれいにする習慣がない、という人は「虫歯になりやすい人」といえるでしょう。
自分で歯をきれいにする習慣がない人や、そもそも自分の歯についてあまり意識をしない、という人こそ、歯医者さんに定期健診に行くことをおすすめします。定期健診によって歯をチェックする機会を無理にでも作ることで、自身の生活習慣の見直すきっかけにもなります。

甘いものは歯の敵なのか?

虫歯は、生活習慣と密接に関わっています。歯磨き以外の生活習慣としては、食生活の習慣が挙げられます。
「甘いものを食べると虫歯になる」ということは、事実なのでしょうか。甘いものは、砂糖やブドウ糖といった単糖、少糖類が含まれることがほとんどですが、これらは虫歯の原因菌の一つであるミュータンス菌に大きく作用します。
具体的には、歯へのプラークの定着などを促進する効果などがあります。よって、甘いものを制限することで虫歯になりにくくなる、ということは本当なのです。
甘いものが大好きで頻繁に食べている人や、食後に甘いものを食べて、歯磨きをしないで寝てしまう…というような習慣が身についてしまっている人などは要注意ですね。


この記事をシェアする