虫歯を予防するためには

歯をきれいに保とう

まずは、歯磨きをしっかりすることが一番簡単な虫歯予防ではないでしょうか。歯をきれいにするためには、歯ブラシによるケアだけではなく、歯間ブラシやフロッシングによってもケアを行うと、より効果的です。
正しい歯磨きをすると、普段歯磨きをしっかりしていないのであれば、歯茎から血が出る事があります。多少しみるかもしれませんが、これは正しい歯磨きを続ける事によって血が出なくなっていきます。正しい歯磨きの一つの指標にするといいかもしれません。
物理的に歯をケアするだけではなく、フッ素などの薬剤によって歯を守り、予防するという方法もあります。そもそも歯にプラークがつくことを防ぐことによって、虫歯を予防することができます。

よく噛んで、寝る前に歯磨き

食生活を見直すことは、虫歯予防につながります。
食生活の改善点として挙げられるのは、「甘いものを食べることを控えること」だけではありません。あなたは食事をよく噛んで食べていますか?
実は、食べ物をよく噛んで食べることによって唾液が発生しますが、この唾液が歯を守る役割を持っているのです。
また、食事のあとに歯磨きをせず、そのまま就寝、なんて習慣はありませんか?もし「よくやってしまっている」という人は要注意!睡眠時間中は、唾液の作用が効きにくくなってしまうため、虫歯になりやすい時間帯になってしまうのです。
歯磨きの習慣がつかないという人は、「寝る前には必ず歯磨きをする」ということからしっかりと義務付けていくといいかもしれません。


この記事をシェアする