キャンプが好きな人におすすめ

この記事をシェアする
B!

キャンピングにおすすめのマイカー改造の方法を知ろう

寝られるスペース

車の中に、棚を作れないか考えてみてください。
棚があることで荷物をたくさん置けるので、車内がスッキリします。
床が空いたら、そこに寝ましょう。
キャンプが好きでも、テントを持っていない人がいると思います。
また外にテントを立てて、その中で寝ることに抵抗を感じる人がいるでしょう。

外のテントが苦手な人は無理せず、車の中で寝ることをおすすめします。
普段から使っている車の中なら安心するので、熟睡できると思います。
簡単に棚を作りたいなら、カゴやスノコを置いてください。
カゴやすのこは100円ショップで購入でき、安くできるDIYの材料として人気があります。
自分がキャンプに行く時に、どのくらいの荷物になるのか考えることで、必要な棚の数がわかります。

板と突っ張り棒を購入

車の後部座席やトランクのあたりに突っ張り棒を挟み、板を乗せることで棚を作れます。
その方法でも良いですし、下のスペースが空く面がメリットですね。
下にものを置いても良いですし、人が寝るスペースにしても良いと思います。
ただ重いものを乗せたり、地面がデコボコしているところに車を停めたりしていると棚が崩れて、荷物が落下する危険性があります。

特に人が棚の下で寝る時は、安全確認を怠らないでください。
寝る時は棚に乗せているものを紐で固定するなど、落ちないよう対策をするのが良い方法です。
また棚に、犬用のゲージを置くのもおすすめです。
するとペットと一緒に、キャンプを楽しめます。
愛犬と一緒だと、もっと思い出が深まりますね。